ウダウダしていた日のオカルト1993

ども。ラップの学習本を探しているMacJackです。
おもしろい話のリクエストがあったので、ちょっと思い返してなんか書いてみます。
んー、じゃ「遊んどんでしょー♪」の話をしましょうか。あれは、去年の出来事・・。俺とhy-dropが・・・・いやいやこれはヤメときましょう。色々とダメージがデカそうだ。
じゃ、おもろいというかオカルトちっくな話をしますか。
そう、あれは俺がガキの頃の話。俺と弟は暇で暇で何かおもしれー事はないかとお互いでウダウダ言い合ってました。
じゃ、とりあえず外へ出て何か考えよーぜと家の外へ出ました。俺の昔住んでいた家ってのはボロい市営住宅で結構な損傷のある家でした。そんな住宅が1号棟から15号棟ぐらいまである感じの集合住宅で、言わば北斗の拳に出てくるようなバラック。「ヒャッハー!汚物は消毒だー!!」みたいなカオスな住環境。
まぁ、それは言い過ぎとしても廃れた市営住宅ってのが率直な感想っすかね。そんな住宅だからチラホラ空室もあるんすよねー。俺の住んでた3号棟の隣にある4号棟は一部屋空室になってました。
そんで、その4号棟の401に住んでたオッサンと俺たち兄弟の物語です。(前振りなげーな)
401のオッサンは結構酒癖悪くて、酔ってかえってきては深夜に大声出して騒ぐという迷惑なヤローでした。その頃の俺はまだガキだったので、ビビって特に何も言えず外でギャーギャーうるさくてもじっと我慢です。
まぁ、そんなオッサンなんですが昼間会うと意外とまとも。本当に同一人物なのか?っていうぐらい低姿勢。まぁ、そんなオッサンのバックグラウンドを軽く紹介したところで話は戻って、弟と暇だ暇だと話していた日曜の午後。(たぶん日曜だったハズ)
外で何をするわけでもなくくっちゃべっていた俺と弟。そこへ401のオッサンが部屋から出てきた。そして空室である402へ入っていく。俺たち兄弟はちょっとした違和感。「ん?なんで402に入っていくんだ、オッサン?」「つーかなんで402が鍵開いてんだ?」そんな考えがぐるぐると頭を回って402の様子を物陰からじっと観察する俺たち。どうやら俺らの存在に気づかなかったようだなオッサン。
15分くらいしてオッサン402から出てきました。そして自室である401へと戻っていきました。
「あの部屋に何があるのか・・・?」
そりゃガキンチョである俺たちは興味津々ですわ。速攻402のドアを開けて侵入成功。入ってみると特に変わったところはナシ。俺らの住んでたこの住宅の広さは2DKくらいの広さ。玄関を入って、キッチンを確認。何もなし。ふすまで閉じられた部屋が2部屋。おそるおそる一つ目のふすまを開ける。しかし何も無い。空室だから寂れた畳が敷かれているだけ。
弟と何もねーじゃんかと言いながら若干拍子抜け。しかしまだもう一部屋あるよと弟が言うので、とりあえず確認することに。俺がふすまをガラッと開けるとそこにはこんな光景が・・・・・・。
done.jpg
俺ら兄弟、絶叫。「ヤベェ!!ヤベェよ!!!どーすんの!?ねぇ??どーすんのこれぇえええ!!??」
もうねオダギリのライフカードばりに相当パニクりましたよ。死体だ!!死体がぁああああ!!!と気が動転しながらよーく見ると「ん・・・・あれ・・・、これマネキンじゃね?」
そう、布団にマネキンが横たわっていました。しかもなぜか服とカツラを装着で・・・。俺たちは考えました。そういやさっき401のオッサン、この部屋に入ってたよな・・・。皆まで言うまい。
俺ら兄弟は子供ながらに「大人ってパネェな・・」と何故か変な結論を出して立ち去ることに。その後親に連絡して後日役所の人間が来ましたとさ。

なんとなくつらつらと。

なんか久々にストライクゾーン来たかなーと思ってるMacJackです。
さて、そんなどうでもいい事より、地震の被害状況をニュースで知るたびに、なんかやるせなくて落ち込み、何かしないとという気持ちに駆られます。
そんな時に目に飛び込んできたエントリー。

被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~

まさに、この人の書いてある通りで中途半端に心配するより募金をしたほうがよっぽどマシなんですよね。お金はモノに変えられる。それが一番ありがたいですよね。自分も心を落ち着けてそうします。
さて、だいぶ話題は変わり、カメラを最近持ち歩いている俺。職場に行くときも持っていきます。そんでまた影響されたエントリーを紹介。
デジタル一眼カメラ NEX-5
なんというか、この方の撮られる写真(画像処理も含めて)は凄いなと。ハッとさせられる「何か」があります。つーかエントリーの上から2番目の写真とかどうやって撮ってるんですか?そういうの一番取りたいです。
というわけで、ちょっと真似てみて写真をアップしました。
IMG_0421.jpg
この写真は、和歌山にある橋杭岩っす。俺が流離いながら撮った写真。
IMG_0475.jpg
この写真はどの駅だったかな・・。まぁ、伊勢に向かう途中だったハズ。
というわけで、やっつけじゃいい感じにならんねー。まぁ、今のカメラで徐々に撮ってくか。

キャッチコピー、バッチコーイ!

なんというか、地震の被害が甚大です。同じ日本人としてとてつもなく悲しくそして、俺に出来ることはないのか・・。と無力感でちょっと凹んでしまいます。どうもMacJackです。
とりあえず、死者が少ないことを祈る。今回は義援金をマジで寄付しないと!って思わせるほどの災害です。詐欺じゃないと思える募金を見つけて寄付したいと思います。
こんな時にブログのエントリー書くのもなんか気が引ける・・。
というわけで自分は本をよく買います。と言っても小説とかじゃなくてビジネスに役立つ本や、自己啓発本が多いんですよね。
なんでだろ。もっと自分を高めたい。レベル上げたい。戦闘力高めたい。まぁ、そんな想いが潜在意識の中にあるんだと認識してます。
そんで今回買った本はコレ。

「ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本」

現在、仕事で文章を書く機会が多いです。どうやったら自社の商品が知らない人に対してうまく伝わるか?そんな思いを抱えつつ悶々とした日々。
「クッ・・俺は無力なのか・・・」
ひとりで打ちひしがれている俺は、はてなブックマークで気になるエントリーを発見!これは、まさに今の俺が必要としているエントリー!!
【文章】たったのワンフレーズ?変えるだけで、大勢の注目を惹きつけられる”キャッチコピー”のつくり方
エントリーはサッと流し読みして気になるのは取り上げられている本のみ。というわけで上記の本を速攻でamazonで検索。ええ、すぐに買いましたよ。
そして本日届きました。
77のテクニックが色々書いてあります。さて頼りになる教科書も届いたことだし、asahara.inのキャッチコピーも少し良いように変更してみるか。
というか、asahara.inのキャッチコピーが何かもよくわかってないんですが。とりあえず何か考えてみます。タイトルのコピーを取り上げてみます。

「廿日市市浅原を盛り上げる若者達のハートフルストーリーサイト」

これは俺がテキトーに考えたキャッチコピー。これでもなんとなく伝わるのかなぁとは思っていますがちょっと良いように考えてみます。
77もテクニックがあるからとりあえずどれにしようかな・・。まぁ、ひとまずテクニック4の【短く言い切る】を使ってみます。

“言いたい要素を凝縮して、短く言い切る。それだけで、相手の心に届くスピードは格段に早くなる。その分、受け手に刺さる言葉になる可能性も高くなり、記憶にも残る。言いたい言葉を、「ひとつにまとめて、短くできないか」考えよう。」”

「ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本」28Pより引用
上記の文章、短く言い切ってみます。
改善前:「廿日市市浅原を盛り上げる若者達のハートフルストーリーサイト」
改善後:「廿日市の元気な連中」
うーん・・・ちょっとこれじゃ伝わらんかなぁ・・。初めて見た人間は何のことだか・・。というか俺の改善した言葉がダメか・・。ちょっと違うテクニックで改善してみる。
次はテクニック13「自慢して言い切る」を使ってみる。

“企業や個人が「発信したい」と思っている情報は、極言すれば、ほとんどが「自慢」。ただストレートに自慢しても、みんな反発するだけで、なかなか受け手の心をつかむ表現にはならない。しかし、そこをあえて、自慢して言い切ってしまう、という手法があります。うまくはまると、とても印象深いコピーになる。”

「ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本」53Pより引用
なるほど。じゃ、やってみるか。
改善前:「廿日市市浅原を盛り上げる若者達のハートフルストーリーサイト」
改善後:「浅原の大自然は屋久島に匹敵!」
うーん、これじゃ、改善前の文章全く意味ねぇな。多分このテクニック使う方向性間違ってるな、うん。
という感じで、仕事にも役立つし、プライベートでも女の子口説くのにも役立つってことで色々頑張ってみます。
では、また。
あ、ちなみにブログタイトルはテクニック36の「韻を踏む」これが俺らしくていいかな。

facebook・・・。まだまだUndergroundだと思われる今日この頃。

という訳で最近、猛プッシュしまくってるfacebook!サイトの右側にも突如「広告欄」として登場してるので気づいている方もいるかと思います。
猛プッシュしまくってる割にあんまり良さを理解していません。なんでやっているかって?現状は「なんとなく」です。やってたら楽しさ分かるかなぁーという思いで今はやっています。
じゃ、facebookって何よ?って方、結構いると思います。なんなんでしょうね。
いやいや、ちょっと説明します。インターネットマーケティングカンファレンスにおいて、「SEO」「PPC広告」に並び「ソーシャルメディア」としてひとつのマーケティング手法として認知されているみたいです。
海外じゃtwitterとfacebook、二つで一つらしいんですわ。twitterは今現在日本でも認知度が結構高まってやられている方が多いソーシャルメディアだと思います。情報の拡散が結構早いっすねよー。フォローしまくってるとタイムラインが一瞬で流れていくので、情報を追っかけられないなんてよくあります。
まぁ、twitterはいいとして、facebookですよ。簡単に言うとmixiの世界版ですかね。でもひとつの特徴として実名登録が基本とされてるので日本では受け入れられないなんて声もよく聞きます。
しかし、facebookのユーザーは全世界で約5億人以上!ソーシャルメディアの中ではかなり勢いのあるモンだと思うわけです。
まだまだ使い始めで、良く解らんのですが、友達を増やすのは純粋にどうしたらいいのか・・・。だれか友達になってください。でもfacebookは友達申請するときに「ホントにこの人と友達なんですか!?会ったことありますか??」みたいな表示が出るので友達申請するボタンを躊躇しちゃいます。
まぁ、新しモン好きなんで、いろいろやってみます。
facebook.jpg
多分、日本のみなさんこんな感じかな・・。
サウスウェスト航空いいねー。

遅れてきたIllな浅原夏祭り2010 ~HY AM 11:00~

井戸の中とかじゃなくて~、井戸自体が俺さ♪ というわけでMacJackです。
西公祭りの映像の前に前年の夏祭り映像アップします。(えっ!?今更?)
ここまで温めてきた映像。そうそれは浅原夏祭り2010 (Asahara Summer Fes’10(ワンゼロ))の映像っす。まぁねー、俺の拙いMCがある映像なんでねー。あとラップも・・。アップすんのちょっと躊躇しちゃってましてねー。
まぁ、そろそろいいかっていう気持ちにもなったんで載っけます。(というかMC部分はカットです。)

徐々にjavieの使い方も分かってきたーー。
3:40からのつなぎはマジで鳥肌だなー。

あー、眠い。もう寝ます・・・。

Hang outな俺たち。Bustaな俺たち。

「そもさん!!」「せっぱ!!」どうもMacJackです。
最近じゃ、facebookに力入れまくってます。その辺頑張ります!
つーわけで、今日も先日の西公祭りネタです。(まだ引っ張んのか・・)
本番前の様子をちょっと動画編集しました。まぁ、ショボイ編集ですわ。
でもちょこちょこイジるのって楽しいっすね。

ヤベェ、どうなってんだ!?コレ!?!?

今度のニューカマーは心にVibeを引き起こす!

どうも、MacJackです。もうねこれは俺のブログなんです!奴等に任せてられねぇ!!
という訳でなんだって書いちゃいますぜ。ぐへへ。
今日は3月1日。そう今日はニューカマー登場の日なんですよ!
なんの事かって?
そりゃもちろんアナタ川中醤油新商品2種類発売の日っすよーーー!
(つーかとうとうこのブログでも宣伝し始めた俺。スンマセン)
P1010964.jpg
新しい商品は「金ゴマと焙煎大豆のドレッシング」と「赤紫蘇と川根柚子のドレッシング」2種類でっせ!!
どちらも広島県産の材料を使ったドレッシングですわ。
「金ゴマと焙煎大豆のドレッシング」は厳選した金ゴマと、広島県芸北地域から産地直送したアキシロメ大豆をたっぷり使った、クリーミーな食感に素材の粒つぶが美味しいドレッシングっす!アキシロメ大豆は、ダブル焙煎法で香ばしく焙煎し、粗挽きに。金ゴマと合わせ焦がし醤油で仕上げたっす!!
「赤紫蘇と川根柚子のドレッシング」は国産赤紫蘇と、安芸高田市高宮町の川根から産地直送した柚子果汁をたっぷり使った、爽やかな香りと甘酸っぱさがはじけるドレッシングっす!柚子果汁はその年に採れたもののみを使用して原材料からこだわり抜いた商品っすよ!!
さっそく買ってきたサラダで試してみるか。
P1010961.jpg
近くのスーパーで購入してきましたよ。
味が混ざらないように2つに分けました。
P1010962.jpg
まずは金ゴマ・・・。ごくり・・・。
P1010967.jpg
「いや、ほんとめっちゃクリーミーで、とろとろなドレッシングで、めっちゃゴマのつぶつぶ感が舌に伝わってきてめっちゃほんと広島の味を感じれるっていうか、めっちゃおいしいです」
っていうシルシルミシルの堀くん風に感想をお届けしました。いやでもね、これはお肉とかにバッチリ合うドレッシングですね。しゃぶしゃぶのタレでイケルな。他にも新しい使い方を探してみるか。
次は赤紫蘇行ってみるか・・・。
P1010968.jpg
こちらのドレッシングはとろみは無くサラッとしたドレッシング。封を開けた瞬間から柚子のフルーティーな香りが漂いますな。
「いやほんと、めっちゃフルーティーで、色合いもめっちゃ赤が際立って、めっちゃ・・・」
もういいっすかね、スンマセン。
赤紫蘇のドレッシングの方は、堀くんのモノマネでも言ったようにこの色合いが素晴らしいんすよねー。実はこの赤紫蘇ドレッシングはラベルの赤い部分が実は透明なんです。だからこの赤はドレッシングの色がそのまま見えてるんすよねー。どうっすか?いい色っしょー。(金ゴマは全部ラベル巻いた状態で、中の色が見えません。)
少量かけるだけでもしっかし味が効いてて爽やかな酸味が楽しめるドレッシングです。
つーわけで、宣伝でしたー。ありがとうございます。
浅原のみなさんには今度持って行きますわー。
今日のヘビーローテーション。コイツぁ、シブイゼ。

ではまた。