夜のヨン様は飲酒運転ですか?

街歩いてていきなり「clap your hands everybody. everybody this clap your hands」とか言っちゃう勢いのMacJackです。
さて、今日は意外とおもろかったPVというか、こうなりたい願望のPV。夜のヨン様風男に嫉妬です。

このPVに出てくる人物は昼と夜の2面性がある主人公のヨン様似。そんでヨン様が惚れてるちょっとつり目のいい女。あと取り巻きBIGBANG連中。
ちょっとストーリーがいまいちわからん部分もあるんですが、ざっくり言いますとつり目女が大学の講義室でノートを忘れてヨン様が届けようとします。
んで、ヨン様が届ける前に「ちょっくら中身覗いてもよくね?」と悪いとは思いつつ見るんですがノートの中身はなんか知らんけど、イケテル自分とつり目のツーショット写真が・・。
昼間のヨン様呆然・・。「あれ、俺夜何やってんの?」っていう二重人格でしょうか?
夜のヨン様はクラブへ行って、BIGBANG連中とガッチリ握手。アメリカ流挨拶っぽい仕草も様になってます。つり目女は多分クラブの常連。男を品定めしまくりな感じです。
つり目女がヨン様を見つけて「あ、意外といい男じゃん」と近寄って、かなりの猛アタック。
ヨン様「フッ、ざけんじゃねーよ。俺はそんなんじゃ落ちねーぜ」と余裕ぶっこいてます。相当羨ましい状況。なのになぜかヨン様美味しい状況にもかかわらずさっさと帰ります。アクセを引きちぎられたからでしょうか?
んで、つり目が追っかけてきて「ちょ、マジかよあの野郎・・」と言わんばかりの顔。
場面転換して、どっかのバー。つり目、ひとりで飲み直しです。
が、しかしそこにはなんとヨン様ひとりでかっくらってます。(あれ、車だったよね?ヨン様・・)
んで、いい感じになって二人でドライブっす。ここでヨン様とんでもない鬼な行動をします。つり目をどっか知らん場所でブレイクスルーしてひとりで帰っちゃいます。(スゲェ外道だな・・。)
まぁ、もういろいろと突込みどころ満載なこのPV。見てておもろかったです。
つーか、こんなPVとか見てる場合じゃねぇ・・。いろいろ仕事の勉強せんと。まぁ、いいや。今日は寝よ。
うーん、こんな感じもいいねー。