友情

単に遊び友達とか、どこか利益で結ばれた友達といった関係が多い。
その中でも最も気の合う人間を「親友」と呼ぶ。

これが一般的なご時世に、「真の友情」とはなにかと考える。

好きとか嫌いとか楽しいとか楽しくないといった感情段階にとどまっていては、
生涯「真の友情」と出会う事はないだろうと感じる。

自分自身の「弱さ」「ずるさ」「劣等感」といった「負」の部分を自省し
認め受け入れる。

誰かと比較するでなく、理想を追い求めるでなく、ただ「受け入れる」。

これを行う人間にしか「真の友情」は得る事ができないだろうと思う。

これは言うが易しで、苦行である。
見栄・プライド・凝り固まった価値観・自尊心が壁となりすんなりとはいかない。
がそれを為し得た者同士にしか築けない関係を皆求めているのではないだろうか。

人と人が「無償」で信頼しあい、それ自体で価値のある人間関係。

死ぬまでに一人でも「真の友情」を得た人間は幸せだろう。

リウー

投稿者:

macjack

浅原ドットインのWebページ管理はMacJackにおまかせ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です