ゴールデンボンバーに見るマーケティング戦略

ゴールデンボンバーは今では言わずと知れた存在で昨年は紅白歌合戦に出場して知名度を飛躍的に上げた。そんなゴールデンボンバーは今月の1日に新曲を発売し、さらに攻勢をしかけてきている印象。
ゴールデンボンバーを知ったのはごく最近だが偉そうにちょっと語ってみようと思う。内容はゴールデンボンバーが売れるまでのマーケティング戦略。
マーケティングは自分も勉強中なので、教科書となるものが必要。そこで佐藤義典氏の「実戦マーケティング戦略」を引用しながらつたない解説をしてみる。

図解 実戦マーケティング戦略 図解 実戦マーケティング戦略
(2005/04/22)
佐藤 義典

商品詳細を見る

まずはゴールデンボンバーが戦う戦場はどこなのか?
勝つための必須条件といえるのが、戦う場所を決めるということ。わざわざ強力な敵がいる場所で戦って、死ぬ必要はない。それなら勝ちやすそうな場所を選んで勝つ。これが楽だし、手っ取り早い。
そこで考えられるのが、どういう戦場が戦いやすいのか?「ビジュアル系」とか「楽器演奏」という括りでの戦場では今までにも沢山の強力な人達がいた。そこでゴールデンボンバーがフツーに入っていっても差別化ができない。だから誰もいない戦場を選んだ。「ビジュアル系」という括りに近いが、「楽器演奏」という括りでは全くもって違う。むしろ弾いてない。「楽器を弾かない」という戦場を選択した。さらに「ダンス」や「ライブパフォーマンス」という戦場に入った。
そうやって見るとビジュアル系っぽいが、楽器は演奏しないで、そのかわりダンスやライブパフォーマンスに力を入れているバンドという構図が成り立つ。そうやって周りを見た時にそんなバンドは他にいないという他との絶対的差別化が出来る。
じゃ、コレに追随して他のバンドも同じ事をするかと言えばなかなか出来ないのが現状だと思う。これは「競合が参入しにくい戦場」。なぜなら、楽器演奏を捨てるなんていう選択肢はどうあってもこれまで楽器を真剣に練習してきた人たちにとっては捨てることはできないから。
マーケティング資産、そして強みは何か?
つまり楽器演奏をしないということは、それがゴールデンボンバーの資産になる。他にない競争上の優位となり独自のマーケティング資産となる。
ではその資産をどうやって活かすか。強みに変える。独自性があれば良い。もし簡単に真似をされてしまえば、それは強みとは言えない。「楽器演奏をしない」→「異色な存在だが簡単に真似が出来ない存在」となる。この強みは相対的なモノ。その戦場にいる競合よりも強ければそれでいい。今ここで二番煎じが出てきても、そう簡単にゴールデンボンバーを打ち破れるものではないと思う。
この強みはお客さんが欲しがるものでないといけない。そして違いがはっきりと分かること。楽曲だけを聞くならしっかり作りこまれているので、実際に楽器演奏をしているバンドと遜色はないはず。楽器演奏をしなくてもそれ以外のダンスやライブパフォーマンスで、お客さんは価値を感じている。
ただゴールデンボンバーが「ダンス」だけの戦場に行ったらどうか、そりゃEXILEにはかなわないだろうし、「ライブパフォーマンス」の戦場でも電撃ネットワークにはかなわない。ゴールデンボンバーが持っている要素を上手くミックスして他との絶対的差別化をしている。強みは隣にいる競争相手によって変わる。
顧客ターゲットの選定
ではでは、このゴールデンボンバーに価値を感じているのは誰か。見る限り若い人たちで女性が多い。ここは予想だけど、このファンたちは「楽器演奏なんてしなくてもいいから、私を楽しませてくれるモノがいい」と感じている人たち。もしこれが「ライブで楽器演奏をして、生の音を感じたい人」ならゴールデンボンバーを支持しないだろう。予め作っておいた音源でもいいからライブでは自分を楽しませてほしいと感じている人がゴールデンボンバーにを支持している。
これは顧客を絞った結果でこうなった。狙わない顧客からの支持は得られない。逆を言えば得なくてもいい。絞らなかったら全ての顧客を捨ててしまう。今の時代モノが溢れているから顧客も選択するのに時間がかかる。だからより分かりやすく違いを示して分からせてあげないといけない。
ゴールデンボンバーが最初からそんな人達をしっかり狙っていたかどうかは不明だが、楽しませたいという思いからこのような結果にいきついたのかも。
長々と書いたけど、多分こんな感じだと思う。あんまりまとまってない。

投稿者:

macjack

浅原ドットインのWebページ管理はMacJackにおまかせ!

「ゴールデンボンバーに見るマーケティング戦略」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日は話せて楽しかったです(^-^)
    また公民館祭りで会えるの楽しみにしてます(^з^)-☆

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れー。久々のとんど楽しかったわ。
    何気に浅原で有名人だったんじゃね。これからも精進するわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です